陶器の日

陶器の日 お茶漬けの日

陶器の日の由来どんな日?陶器の日=お茶漬けの日どうして?
陶器の日

由来は「陶瓷」(とうし)

現代日本の陶磁器を古代にさかのぼってみると、1万年前の縄文土器に始まり、紀元前後に焼かれた弥生土器、古墳時代の後に作られた土師器、その後5世紀から12世紀頃にかけて日本の陶磁器の源流である須恵器といわれる陶質の土器が焼かれていました。

奈良時代、平安時代になってわが国で初めて緑釉、二彩、三彩の釉(うわぐすり)をかけた陶器が焼かれ、当時これが「陶瓷」(とうし)と呼ばれました。緑釉、三彩など釉瓷の製作、技法については、正倉院文書の「造仏所作物帳」に記録が残っています。「造仏所作物帳」とは、天平5年(733年)から1年にわたって行われた興福寺・西金堂の造営と造仏に関する報告書のことで、そこに造瓷に関する部分がかなり詳しく載っています。

古代の日本では陶器を陶瓷と呼んでいたので、陶瓷の陶を十とし、瓷を四となぞらえて、10月4日を日本の「陶器の日」としました。

*「陶瓷」について漢和辞典を引いてみると、「きめがこまかく質の硬い陶器」「磁器」と説明しています。

陶器のある生活を意識する日
私たちの生活の中に、陶器は様々な用途で使われています。食卓を飾り、インテリアとして暮らしを彩ります。しかし、日常に当たり前にあるものに、心を留めることは少ないでしょう。産地の土地と炎と真心を感じ、改めて「陶器のあるくらし」を実感してください。

The day we become aware of ceramics in our life

Ceramics are used for variety of porposes everyday. They enrich our dining table and color our daily life as a kind of interior decoration. However these items in life are often taken for granted and hardly recognized. We encourage you to feel the soil, the fire and the sincerity of the home of ceramics, and sense the “life with ceramics” again.

お茶漬けの日

「お茶漬けの日」は、そんな陶器の日とかけて、日本の文化を再認識する日。お茶漬けを通じ、地域の生活文化、食文化に触れ、地域の活性化に貢献します。
陶器の日=お茶漬けの日

陶器を知っていただくには、そのものだけを伝えるのではなく、使い方など意味を伝えていく必要があると考えます。「お茶漬け」は、シンプルに見えて、実は奥の深いメニューであるとともに、お茶碗、小皿、湯呑、急須、箸置といった様々な陶器の活用方法の組み合わせが提案できるメニューです。陶器の活用方法を、お茶漬けというメニューをモチーフに、10月4日「陶器の日」=「お茶漬けの日」として普及促進していくことにより、新たに「陶器の日」を「お茶漬けの日」とします。

October 4th is Ceramics Day = Ochazuke Day

To know ceramics, we believe it’s important not only to promote products themselves but also to convey how to use them. Although “Ochazuke” seems to be a quite simple menu, it is actually a very intriguing dish. It gives us ideas of various combination of usage of ceramics such as chawan (rice bowl), small plates, yunomi (tea cup), kyusu (tea pot) and hashioki (chopstick rest). By introducing “Ochazuke” as a motif, and promoting the usage of ceramics with the idea of October 4th = “Ceramics Day” = Day for Eating Ochazuke = “Ochazuke Day”, we establish a new “Ceramics Day” as “Ochazuke Day”.

コンセプト

コンセプト