日本陶磁器卸商業協同組合連合会

日本陶磁器卸商業協同組合連合会(日陶商連)は、全国の陶磁器産地にある卸組合の連合組織として1975年に設立。日本最大規模の陶磁器産地、美濃焼産地の多治見市に本部を構え、日本の陶磁器産業の流通面において、産地間の情報共有、情報発信、産業振興策の企画や運営などを実施しています。また、1984年に10月4日を「陶器の日」として制定して以来、「陶器の日」事業の実施にも力を入れております。

傘下組合

当連合会は以下の12組合で構成しています(2014年4月現在)。

  • 多治見陶磁器卸商業協同組合
  • 土岐市陶磁器卸商業協同組合
  • 協同組合土岐美濃焼卸センター
  • 瑞浪陶磁器卸商業協同組合
  • 瀬戸陶磁器卸商業協同組合
  • 常滑陶磁器卸商業協同組合
  • 萬古陶磁器卸商業協同組合
  • 石川県陶磁器商工業協同組合
  • 信楽陶器卸商業協同組合
  • 京都陶磁器卸商業協同組合
  • 佐賀県陶磁器卸商業協同組合
  • 長崎県陶磁器卸商業協同組合

組合概要

名称 日本陶磁器卸商業協同組合連合会
所在地 〒507-0841 岐阜県多治見市明治町2-4
連絡先 TEL 0572-24-0437
FAX 0572-24-1646
役員 理事長  坂﨑義雄
会長 玉樹成三
副理事長 加藤睦彦
副理事長 山本哲也
副理事長 齊木克躬
副理事長 鈴木正夫
副理事長 石丸慶太
副理事長 森欣一郎
副理事長 水上悳央
専務理事 川合正臣
事業内容
  • 指導・教育事業
  • 統一伝票事業
  • 陶磁器統一故障推進事業
  • 陶器の日事業
  • 「原産地表示、産地表示の業界自主基準」推進事業
  • PL対策事業
  • 陶磁器流通用「折りたたみコンテナー」事業
  • 鉛含有基準対策事業
  • 意匠保護事業